盲腸の傷跡の治療方法!対応を間違えると病気になる事も!


盲腸で手術をした後の治療についてよく聞かれる事が多いのですが、手術が終わってからやることは傷跡が炎症を続けないように予防する事です。

 

 

 

盲腸の手術後は必ず傷跡は炎症をするものです。
これは通常当たり前の事で問題ではないのですが、この炎症が続く事で問題が生じます。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

炎症が続くと

 

@傷跡が黒くなる
Aケロイドや肥厚性瘢痕などの痛みやかゆみを伴う病気になる

可能性が高まるからです。

 

@炎症状態が続くと、皮膚が炎症を起こしている部分のメラノサイトというメラニン色素を作る細胞が活性化します。
活性化したメラノサイトはメラニン色素を過度に作りその傷跡部分が黒く見えるようになってしまいます。

 

 

Aまた炎症が続く事で、痒みや痛みを伴う事があればそれはケロイドや肥厚性瘢痕を生じている可能性があります。
これらの病気になると厄介で、簡単には治りません。
専門医などと相談して対策していく必要が出てきます。

 

 

これらの炎症が続く事を防ぐには炎症を抑える必要があります。炎症を抑える事で最近注目されているのがシリコンテープです。
シリコンテープを傷跡に貼る事で傷口が広がるのを防ぐだけでなくて炎症を抑える効果があります。
さらに手術跡を悪化させる紫外線からも守る事が出来ます。

 

 

 

通販でも購入出来ますので炎症が続く前に対策しておくと良いと思います。

 

トップ/盲腸の傷跡対策法
盲腸の傷跡を消す
盲腸の傷跡を隠す

スポンサードサーチ
TOPへ