MENU

癒着が起きるとより大きな傷跡手術になる事もある!


盲腸の手術を終わっても必ず安心できるものではないです。
なぜなら癒着という問題があるからです。

 

 

 

 

炎症の度合いがキツイ場合はそれが原因となり癒着状態を引き起こします。
癒着とは腸が互いにくっついてしまうものです。このような状態になると癒着状態は、改善に向かったり何かのきっかけで悪くなったりと完治というのが難しい病気でもあります。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

 

場合によっては腸に負担が少ない食事と点滴などで改善がみられる事もありますが、一時的な事が多く元の食生活に戻るとまた状態が悪化するケースが多いです。

 

 

 

状態が悪くなると便通が悪くなり、痛みも生じます。その痛みも盲腸の痛みよりも痛いと言われています。
またさらに悪化すると便通が完全に止まり、腹部に激痛が生じます。腸に食べ物が通らないので逆流が起こります。

 

 

 

 

最悪のケースでは手術を行います。(癒着剥離手術)
実際にその手術を行った人とお会いする機会も多いのですが、盲腸の傷跡なんか問題にならないくらい大きな傷跡になります。

 

 

 

このような癒着での手術の場合はより大きな手術になる為に傷跡も大きくなります。癒着の手術後の傷跡は完全に消すという事は難しいでしょう。
少しでも目立たなく、少しでも薄くなれば良い方です。

 

トップ/盲腸の傷跡対策法
盲腸の傷跡を消す
盲腸の傷跡を隠す

スポンサードサーチ